049.長くてごめん(そして本日も“とりとめ”はナシ)

 またまたすっかり御無沙汰を、、、いや、予定外のことばかり起こりましてね、忙しかったというのもありますが、何せ、その予定外ってやつが苦手なもので、心が忙しかったのよね。PCを開くことさえしていませんでした。
 まあ、そんなときでも、何かしらの形で秀樹さんには触れておりますけれどもね(・m・ )

 ええ。秀樹さん、大好きです(今更小次郎)

 あのね、御病気なされてからの秀樹さんを見たくないという方がいらっしゃるように、わたしが見たくないものは、まるで秀樹さんが不幸ばかりだったように、可哀想なひとのように書いてある文章です。
 事実であれ、憶測であれ、それが嫌です。ひとそれぞれでしょう? わたしは、そうなの。

 それは、ある面では逃げかもしれない。けれど、目を背けたい時期があるという方々と同じじゃありません?

 本日は書きたいことがたくさんあるわ。

 兎に角、拡散! 御新規の獲得! 秀樹を後世へ!

 ────という方々がいらっしゃいますよね。それらの方々をひと括りにはできません。そのためならばなんでもアリ、とお考えの方ばかりではないと信じておりますので。

 問題は、なんでもアリ、のひとたちです。

 この方々の中でもまた、全てが同じではないのでしょうが、このところ、逆差別が以前にもまして非道すぎるぞ。

 得意の前置きをさせていただくと、わたしは「古参」「ブーメラン」「新規」という言葉も分け方も好きではありません。根本的なところでは区別も差別もしておりません。便宜上でのみ、遣わせていただきますことを、何卒御理解ください。

 わたくし、御新規、ブーメランと呼ばれる方々の内輪での遣り取りのスクショを何度か見せられたことがあるんです。ええ。非道いものでした。

「古参と事務所がヒデキをダメにした。これからのことはわたしたちに任せろ」「古参は出し惜しむな、なんでも見せろ、拡散させろ、偉ぶるな、出すもんだして引っ込んでろ」

 ええ。それが本音だと仰有っておりましたよ。すごいもんですよね。

 その古参と呼ばれる方々にもまた、いろんな方がおりますでしょう? 偉ぶって、自慢して、マウントとっているひとばかりではありませんよ?

 そして、重要なのは、「古参か否かということと、著作権問題や転載問題は別である」ということなんですよ。
 ところが、どうも後ろめたい方というのは、なんでも“古参の新規いじめ”と話を擦りかえる傾向があるようですよね。そっちへ話をシフトすれば、正当化できますものね。

 何方かが、「古参も新規も関係ない! みんな同じファンだ!」という発信をなさいますよね? 御立派です。わたしだって、そう思います。
 しかし、重ねて申しますが、それは「転載問題とは別のこと」────それなのに、心ない無断転載や横取りや、それどころか、それらを利用した御商売や賄賂のような使用をしている方が、「古参も新規も関係ない!」←こういったツイートでもあろうものなら今とばかりにリツイートしては云いたい放題……いやいや、それは違うよ、おかしいよ。あんまりだ。

 詳しく書けば山をも超えるようなことが、これまでにもありました。
 嘆息も尽き果てそうだわ、、、


 こういうのもあるわよ?

「やっぱり理解し合えるのは新規とブーメラン! だから、動画を褒めるなら新規とブーメランのものを!」「ヒデキを想う気持ちは古参になんか負けない!」「本当のヒデキをわかってるのはわたしたち!」

 え、、、なんすか、その対抗意識……きもちわりいな、ほんとによぅ、


 ね? 新規もブーメランもそんなひとばかりじゃない! って思うでしょう? 古参の方も同じなんですよ?



 はい。そしてまた、年齢を重ねてから、もしくは御病気されてからの秀樹さんがアリかナシかのお話に戻らせていただきます。

 わたしだって、勿論、お若い頃の秀樹さん、大好きですよ。なんと云ったって初恋の、永遠の、王子さまですもの。その頃の秀樹さんを広めたいというのはわかります。その頃だけが好きという方のお気持ちも自由です。
 ただ、わたしは髪を切られてからも大好きですし、ずっとずっと大好きなのよ。

 これから書く気持ちは、わかる方もいれば、わからない方もいらっしゃると思います。


 その昔、心の何処かでコッソリ夢見たものだわ……「秀樹さんが肥っちゃったり禿ちゃったりして、誰も見向きをしなくなっちゃえばいいのに。わたしだけは離れないから」

 勿論ね、ふと、そんな想いが掠める瞬間があるだけですよ? 秀樹さんがいつもかっこいいほうがイイに決まってます。不幸を願ってなんかない。

 でもね。そんな切ない想いも胸にしたことがあるくらいですから、どんなときの秀樹さんも、いとおしくてならないの。無論、苦しいです。たくさんの感情が溢れて止まらなくなる……それでも、なの。それでも、“見たくない”、“目を背ける”、という気持ちにはなりません。とても、とても、大切に思うんです。

 近年の秀樹さんばかりを、だなんて、全く思っていませんよ? 闘病推しなんて、とんでもないわ。率先して発信するつもりもなければ、闘病推しや御家族関係のあれこれを、褒め称える気もありません。

 否定されるのが悲しいだけ。秀樹さんの全てが大切なだけ。それは、わたしの自由でしょう?

 それこそが愛だと云っているんじゃないのよ。お若い秀樹さんだけを好きな方々を責めているのでもないわ。

 そもそも、わかり合えなくてもいい。


 ひと括りはダメだよ。幾ら匿名でも、内輪でも、全否定して云いすぎるのはダメだよ。

 秀樹さんを可哀想だと、あんまり云いすぎないで。可哀想と思われたら、きっと秀樹さん、辛いと思う。
 秀樹さんを愛するが故に、誰かを責めたくなるのはわかる。悔しいのもわかる。わかるけどさ、、、

 難しいですね、世の中は。
 難しいですね、そんな世の中を、秀樹さんがしてきたように愛することは。
 



“049.長くてごめん(そして本日も“とりとめ”はナシ)” への2件の返信

  1. SHANさま
    とても深いものがあります。
    悲しいものもあります。
    古参、ブーメラン、新規、それぞれ、自分の想いがあるでしょう❗️
    伝えるのはいいけど、読み手に押し付けは、絶対にいけないと私も思います。
    秀樹さんの愛し方は、人それぞれ‼️
    新規の方が『古参になんか負けない、これからは新規の私達に任せて!』などと言う方は、秀樹さんを本当に心底愛してはいません😥
    いつの頃も秀樹さんを愛した方なら良く分かると思います😌🍀

    私は超古参です🤣🤣👍️
    これからも、一緒にSHANさまと共に秀樹さんを温かく見守ります❤️
    宜しくお願い致します😀✋

    1. 泰子さま

      ですよね……
      こういった発言も、言葉尻を捉えて
      好き勝手に云われたりするんですよね……

      “ましてファンの心は移り気です”……その言葉を噛みしめながらも、
      どんな想いで秀樹さんが深い気持ちを持ち続けてきたか、、、

      不満ばかりの粒子から、嫌なものが伝染しそう。
      云わない此方は、なんでも受け止めるお目出たい考えだとでも
      思っているのでしょうね。

      いつも本当にありがとうございます❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です