006.わたしはわたしでしかいられない

 わたしはSNSに向いていない……元々、わかってはいることです。
 だって、基本的に、自己満足、自己完結の人間ですもの。趣味は自問自答ですし、笑

 秀樹さんを想うのも、本当にいろんな形があるようですね。皆さん、それぞれでいいと思います。わたしも、わたしのままでしかいられません。

 ああ。何からお話を……わたしはちょっぴりだけ変わった家庭環境の中で幼少期を過ごしたのかもしれません。そして、異様に記憶力が良かったです。
 そんなことも関係して、わたしの歌年齢は実年齢よりもかなり上だと云えますでしょうか。秀樹さんがデビューしたときは、まだヨチヨチ、、、そんなヒヨコは、一等先にあんなにも美しいひとを知ってしまったので、未だに秀樹さんという方は、ただひとり特別な存在です。
 秀樹さん以外ですと、聴く音楽は殆ど洋楽とクラシック。そうなるのはとても早く、小学生のうちには、もう、ある意味で、“わたしはわたし”だったわけです。
 映画もドラマも海外かぶれ、笑
 それでも、わたしの心の特別な場所に君臨し続けたのが西城秀樹さん。揺るぎない、永遠のナンバーワンです❤

 わたしって、書籍も作家読みをしますし、映画も監督や俳優で撰びます。ですから、秀樹さんの曲は、シングルよりも、B面やアルバム曲を愛してきたように思います。
 勿論、シングル曲も好きですよ。シングル曲は、テレビの中の圧倒的スターの姿として。アルバムは、わたしと秀樹さんだけの世界でした。

 現在も、それが何も変わりません。
 近頃、“界隈”ではどんな感じなのでしょうか……皆さん、ラジオを聴く方が多いのかしら? そのあたり、とっても疎いわたしです。
 様々なお考え、想い、望み、(マイナス面も含めて)──皆さんそれぞれのものを尊重しつつ、ときには応援も感動もいたしますけれど、無理に心を寄せたり合わせることはいたしません。興味のない方面は、あくまでもスルー。お互いにそれでいいのでは、と思っております。
 
 わたしは、幼い頃のまま、自分の秀樹さんへの想いのままに、彼に焦がれ、お熱を上げて、魅入られ、揺さぶられ、感謝を胸に、追いかけていくだけです。

 何方の想いも、その方にとっては、それが一番!!
 わたしの中でも、わたしが一番、、、(/・ω・)/

  

秀樹さんの才能や美しさには、撃ち抜かれるほどのショックを受けなければ、ひととしておかしいんではないのかい、と……本気で思っているわけですよ(/・ω・)/

 投稿することを目的に動画を作ったことはありません(イベント事は、また別です)知らない曲を作ったこともありません。
 わたしの動画づくりは、わたし自身が注目を浴びたいからではありません。優越感というものを、日頃から忌み嫌うように戒めております。誰かの不快の上に、誰かを押し退け、誰かを踏みにじってまでも続けるものではありません。(いや、個人的な感情で嫌われても、そこは対応しかねますけれどもね、笑)
 これからも、心を込めて、自分なりの節度を持って(諸問題は重々承知です)続けていけたらなあと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です