091.愛を止めないで




 先日のupです。
 お話ししてまいりましたように、
 此方も、以前の動画を削除しての作り直しになります。

アルバム『SONG BOOK』




 その理由といたしましては、前回のふたつとは、自分の中では些か違っております。

 以前の動画に使用した映像の一部が、わたしとしては、三年以上前のSDカードから出てきたもので、懇意にしていた方から譲り受けたという記憶でした。

 しかしながら、どうにも証明ができないのです。

 あの日から、ふわふわざわざわしていた心……どうやって暮らしていたものやら、振り返ってもぼんやりしています。
 ファイルの中でも、きちんと区分けができていませんでした。SDの中に残っていたものに舞い上がり、端末にそれを戻してからは、容量の対処や利便性に紛れて元を削除してしまいましたし……五年も前にタブレットに入れていた外資アプリの中に残る幾つもの秀樹さんも、そのアプリが更新をやめてしまったもので、なんにもできないんです、泣くばかりなんです、、、もう、そんなことが山ほどありましてね、自分でも確かなことが申せません。

 当時のわたしは秀樹さんのアカウントとして大っぴらに行動もしていない、お相手とのお付き合いも疾うにない。
 その後、昔からの秀樹さんのファンの方たちともあれこれとお話ししてみましたが、現在のところ、以前の『愛を止めないで』でわたしが使用したものについてで云うと、おひとりの方が投稿されている以外には、その映像はネット上に存在しないようなのです。過去にも見たことがないそうです。
 悩みましたが、ムキになって主張するほうが切ないので、、、今もカメラロールに残るその映像の出元について、正直、忘れ去りたいくらいの気持ちです。いずれにしても、わたし自身が録画したものでないことは確かなのですから。

 結果、やり直すことが一番だと考えるに至った次第です。



 動画のリメイクにも、一長一短がございます。

 作り始めた頃の拙さを、今ならば少しばかり補える……その代わり、あの頃は使わせていただくことにそれほどの問題を感じていなかった映像でも(なんにせよ、良くないことであるのは前提として承知の上です)、今では、DVDの発売やCS放送などによって、自重するべきだと思うものが増えていますのでね、もとより限られたものの中での表現が、もっとっもっと狭められているのです💦

 勿論、これは愚痴ではありません。そもそも、わたしが困るからといって、それがどうしたよ、というお話なのです。本物の秀樹さんの映像、正規の販売等がなされたほうが良いに決まっていますからね(*´▽`*)

 お構いなしな方々も、未だにお見掛けいたします。
 それでも、わたしがやるわけにはいかない。
 過去の落ち度を……または、そう誤解される恐れのあるものを、コツコツと改めていきたいと思っているわけなのです。



 ええ。長くなりましたが、この頃のオフコースに関しては、少しは知っているつもりです。アルバムも持っています。甚くお気に入りの一枚があります。鈴木さんのほうが好きだったわたしです、笑

『眠れぬ夜』を秀樹さんがカヴァーしたときのことも覚えています。ベストテンにランクインすると、オフコースのファンの方から反発があり、オリジナルのほうのハガキやラジオのリクエストが盛り上がり、子供ながらにちょっぴり悲しい想いになりました。なぜなら、秀樹さんはオリジナルへのリスペクトを失くしたことなどない方ですしね。
 まあ、確かに、秀樹さんの『眠れぬ夜』は爽やかすぎるかもしれない、笑
 でもなあ、、、それはそれで、秀樹さんの良さだからなあ、、、
 そう。そんなこんながあっての『愛を止めないで』なの────深いお声ですよね。大好きなんです。

 今回のお直しの際、歌詞にある、

「眠れぬ夜」はいらない もういらない

 ……のところへね、あえて、「眠れぬ夜」を使わせていただきました。愛を込めて。


 もっと書きたいことがありますが、またいつか。

 兎に角、無事に削除と投稿ができて良かったです(^▽^)/

 恐らく、観てくださる方は減っています。ですから尚更に、変わらぬお付き合いをくださる皆さまへの感謝も一入でございます❤






 

090.チャンスは一度 / 情熱の嵐 / 青春に賭けよう / 愛の十字架


 アルバムの再生リストを仕上げるべく、編集させていただいたものです。
 音源とは違うものは、同曲の映像でも、やっぱり難しいです。
 掛け声の場所が違ったり、微妙なずれがあったり、、、

 勿論、愉しいのですけれどね(*´▽`*)


アルバム『愛・絶叫』




 チャンスは一度、発売当初の頃のお姿は、なかなか観られる機会がありませんねえ、、、観てみたいですねえ、、、あの振りつけ、、、あーーーーー、観たい(*ノωノ)

 トークのお声も初々しい此方のアルバムも、本当に大好きです。
 秀樹さん、今日もありがとうございます❤






 

089.ふたりだけの夜


 結局またお決まりのことを書いてしまいますが、大好きです。
 この曲も、思い浮かんだのがとっても早くって、お写真を並べてアプリのテーマへ入れるだけという感じの作りですよね。
 時期は全然違うのに、大人っぽい秀樹さんばかりを撰んだのは、年齢を重ねてからの秀樹さんにも唄ってもらいたいと切実に思っていたからです。
 でも、いつか……いつかリメイクしたいです。

アルバム『愛と情熱の青春』
『君よ抱かれて熱くなれ』B面






088.Je t’aime


「新しい朝」と同じく、前作を削除させていただいてのupです。

 此方も、以前のものには、転載禁止の動画主さまのものと思われるスクリーンショットが一枚、複数回使われていたんです。

 これも云いわけになりますが、わたしはその方の動画を観ていないので、お友だちに戴いたのだと思います。何故、気づかなかったのか……ネーム部分に“ぼかし”が入っていたのに! 秀樹さんのお洋服自体の模様に紛れて、最近までわかりませんでした。
 慌てて探して青褪めました、、、Σ( ̄ロ ̄lll)

 申し訳ございません!

 想いは「新しい朝」で書いたことと同じです。

 削除すれば赦されると思ってはいません。
 しかし、削除もせず、詫びも記さずにいるよりは幾らかマシであろうとは思っております。

アルバム『ファースト・フライト』



 さて。
 また作ることができたのだと考えるようにしていたい、昔から大好きな曲。秀樹さんの作曲は、シンプルで美しく、やさしく、、、わたしは好きです。とっても。

 それに、わたし、秀樹さんの“じゅてーむ”には弱いんだあ……(*ノωノ)

 そしてね、滑舌の良い秀樹さんでも、ときどき勝手にわたしが聴き違えることが稀にあったのですけれどもね、この曲……すぐにちゃんと歌詞カードで確認して正しいのを当時から知ってはいるの。それでも、わたしは、自分の聴き違いが何故だか気に入っていてね……

 正しいほうでないと、全体の意味が通じなくなる。
 でも、熟語のみで捉えると、わたしの間違いも妙に素敵なのです。

 正解 「薄紫色の霧が」
 間違い「薄紫色の君が」


( ´∀` )


 わたしが秀樹さんのアルバムにリアルタイムで追いつけたのは、これの次の『Feeling Free』ですから、此方はまだちょっぴりだけ後追いで、恐らく翌年に聴けたのだと思うんですよ。
 いずれにしても、やっと二桁になったという年齢の小学生です。
 秀樹さんの瞳に薄紫色の印象を残せるような、涼やかで嫋やかで淑やかな女性になりたいものだと────語彙は持たないながらも、そんなことを思った記憶があります。





 

087.新しい朝


 極最近のupです。
 “つぶやき”に書いた、作り直しの第一弾となります。

 と、申しますのも、

 此方のホームページで続けております過去動画の御紹介のチョイスのひとつは、YouTubeさんへの投稿順なので……この『新しい朝』の以前の動画が、本来ならば「No.087」として、このページに埋め込まれていたはずだったわけです。

 しかし、そちらは削除させていただきました。
 他のup主さまの動画のスクショが多数使われていたことがわかったからです。

 現在、そういった理由で作り直した動画が2曲。これから作り直す予定としましては、取り急ぎと思うものが1曲あります。まだ気づいていないものがあれば、判明次第、、、ということになりますね。

 わたしとしては云いわけもあります。

 なるべく手持ちの画像や映像で────と心がけていながら、お友だちが「これも使って」と送ってくださる画像を、よく確かめもせずに使っていた時期がありました。2018年は毎日幾つもの動画を憑かれたように作っておりましたので。

 でも、云いわけは、やっぱり云いわけでしかない。


 以前の「新しい朝」に使われていたスクショの動画元である投稿主さまは、転載を認めておりません。お気持ち、痛いほどわかりますのに……大変申し訳ありませんでした。

 削除して、なかったことにするのではなく、そういう経緯で先の動画を削除し、作り直したものであるのだと、我が身の非をしっかりと此方に残しておきたいと思います。



 

アルバム『青春に賭けよう』
『青春に賭けよう』B面



 きっかけは、本当に情けなく心苦しいものでしたが、やっぱりね、嬉しくもあるんです。初期の頃の制作は拙すぎて、お直ししたい動画がたくさんあるんですもの……
 まだ作っていない曲を作ると決めずに、リメイクするのもいいですね( *´艸`) 削除の必要がある動画が優先ではありますが、削除の必要がないものも楽しそうです。

 お若くて爽やかな「新しい朝」……きらきらと輝くのは秀樹さん御自身ですよね💗






086.君を忘れない



 この曲も二回作っていますね。
『ワイルドな17才』のほうは、かなり早い時期に作ったものです。なんとなく合わせただけになっていますね、笑
 科白の部分が特にあどけなく、そして、残酷なほどに爽やか(*ノωノ)

 昔から思っていたんです。
 女の子は秀樹さんの一番にはなれない。秀樹さんには大切なものがある。歌がある。ステージがある。ファンがいる。スタッフがいる。そんな秀樹さんだから焦がれ、そんな秀樹さんだから切ない……

『愛・絶叫』はLIVEですから、秀樹さんの感受性の豊かさ、真摯なお人柄が際立っていますよね。心のこもったトークにじーんときます。
 こんなにお若い頃から、年齢を重ねても、ずっとずっと変わらないでいてくれた秀樹さんのファンへの想い……此方こそ、ありがとうございます❤という気持ちです。

  

アルバム『愛・絶叫』
『チャンスは一度』B面



アルバム『ワイルドな17才』




 いつも心に。
 忘れようもございませぬ。





085.Don’t Stop Me Now


 以前も書いたかもしれませんが、過去動画の御紹介は作った順番ではなく、YouTubeさんへ投稿した順に一曲、反対に新しい順からもひとつ……という感じで殆どの場合はやっております。
 そして本日、ああ、この順番がきたのね、、、と思っておりまする。

 此方の動画のことは、どんなふうに、どう書き表そうとしても、きっとうまくいかない気がします。きっと伝えきれないから。
 たくさんの方へのたくさんの感謝は本当に溢れるほど……けれど、わたしが最も孤独を感じる動画でもあるのです。


 自分の場所である此方で、わたしは何を書くべきなのだろう。


 想いを誤解されることは多々ありますが、この動画ではいろんな方にお世話になっていますから、常のように

 “わかってくれるひとが、わかってくれればいいや”

 ────で済ませてはいけないような気持ちもありましてね……

 書けそうなことだけ書いてみます。

アルバム『BIG GAME’79』



 映像の使用を快くお許しくださったKaran Blueさん、やさしくて温かなお気持ちを、いっぱい、いーっぱい戴きました。絶対に忘れません。
 説明個所の英文やコメント欄等のあれこれに御協力くださった方々の秀樹さんへの愛情……頼りないわたしを応援してくださったお気持ちも、昨日のことのように覚えています。
 しっかりリンクを貼ったり、この頁のような埋め込みであったり、YouTubeで公開されているものであることを明記の上で各所にて御紹介くださった方々、そして、幾度も御視聴くださったりコメントをくださった皆さまへも、改めて御礼申し上げます。


 そして、何度めであろうがこれも書いておこう。
 ニコニコ動画にupしたのはわたしではありません。
 勝手に画質の悪さを詫びているあのひとは、全く知らない誰かです。 

 この件について、著作権云々の話は要らないです。
 わたしの自己主張や顕示欲のためではありません。上でも申しましたように、YouTubeの本動画には書くべきことが説明欄に記してあるので、たとえそこを開く方ばかりではないとしても、どうしても繋げておいていただきたいです。わたし独りでできたことではないからこそ、そう思います。

 それさえあればいいんです。そんなに難しいお願いとは思えません。たったそれだけの望みが、拡散第一とお考えの方々や「よくわからないよ、ヒデキが好きなだけなのに」と仰有るひとたちの妨げになるとも思えません。

「きゃー、ヒデキかっこいー」が書けるのだから、「YouTubeから借りてきたよー」と、そんなおひと言だけでもせめてくださいな、というお話なんですから。

 頑なにそれを拒み、「あなたに著作権はない」ですとか、古参の新規虐めの話にすり替えたりなさるのが不思議です。


 あと、わたし、日本人ですから。笑
 勝手に違う国のひとだという断言、、、あのね、二度と書かないでね。
 お友だちがコメントしに行ってくれたんだよ。なのに、そのコメントの承認もお返事もなかったんだって。うっそ、びっくり。事実でないことをネット上へ発信なさったというのに、訂正も謝罪もなしの削除だったよね。
「ごめんね」って云ってほしかったなあ……それがないから書くんだよ、こっちも。あなたのように名指しではないけれどね。
 何事もなかったように、それには一切触れずにコメントしてくるし。泣くぞ、わたし。


 うーん。愚痴が多くてすみません(/・ω・)/



 ええ。さて。QUEENも大好き、この曲、大好き。フレディの突き抜ける感じも勿論サイコー!! 比べる必要なんかない。秀樹さんもとってもとっても素敵だし、何しろお声が大大大大……大好きだし。
 このカヴァーのことで(動画の編集のことではなくね)、音楽業界の方だろうが欧米の方だろうが、誉め言葉以外は胸に残すつもりがないです。テンポが速くて何が悪いの、かっちょええやん。サウンドインSのも素敵だけど、BIG GAMEの此方もすっごくいいじゃん。
 だからって、そうは感じないお相手にそれを押し付けるつもりは、わたしはないです。押し付けない代わりに、こっちもガンスルーなのです。

 このへんでやめておこう、笑


 なんやかんや云うても、ほんとーにありがとうございます❤






084.オバーチュア / My Funny Valentine / Strangers In The Night / カタログ


『バレンタインコンサート』をアルバムごと作る、というのは、この動画から始まったわけです。

 まずは、素敵なオーバーチュア……せっかくの一流オーケストラとのコンサートですものねっ!! 無駄にしてませんよねえ❤それに引けを取らない秀樹さんだっていうのも素晴らしいですけれどねっ❤❤❤


アルバム『バレンタインコンサート』



 そして、『My Funny Valentine』……此方はね、以前、単体で作らせていただいたものを、ちょっぴりだけお直しして再利用いたしました。
『My Funny Valentine』だけの動画は此方です。
 ↓↓↓
 





 続いてのトークも、『Strangers In The Night』も、わたしなりの拘りと密やかな愉しみを持ちつつ、心を込めて作ったんです。


 西城秀樹は本当に素敵!!
 “素敵”がお名前に追加されてもいいくらいに素敵!!



『カタログ』にも思い入れはあります。やはり此方も実際の歌唱映像が印象的すぎましたので、わたしはわたしなりのストーリー仕立てにいたしました(o*。_。)
 因みに、動画の中に出てくるパパと娘は……アレクサンダー・スカルスガルドと子役ちゃんです( *´艸`)








083.瞳の面影

 大好きですよ。もう、本当に!!
 実際の素敵な歌唱映像がありますよね……ですから、わたしは、あえてさらっと仕上げさせてもらいましたので、動画としては、うん、、、これはこれで、くらいに思っていただければ倖せです。


アルバム『オン・ツアー』



 映画『ジャージー・ボーイズ』も観ましたよ。
 フランキー・ヴァリ、そしてフォー・シーズンズのことがしっかりと描かれていて、また観たいなあ、ブロードウェイも観られたらいいのになあ、なんて思いました。
 ええ。映画のほうは、恐らくまた観るでしょうね。わたしはクリストファー・ウォーケンがかなりツボでした❤

 今作『瞳の面影』のオリジナルである『My Eyes Adored You』が流れるシーンでは、やっぱり思わず涙してしまいました。


 しっかし、秀樹さんには多すぎるよ、、、「この曲は欠かせない!」という歌が……







082.ロマンス(ナレーション)



 アルバムごと作ったからといって、秀樹さんの歌唱があるわけではないこのパートを、仕方なくこなしたわけではありません。かなり気合も想いも込めました。時間も費やしました。
 秀樹さんの語りがとっても素敵なんですもの……


アルバム『バレンタインコンサート』




 あまり観てくださる方はいらっしゃらないかも、って思ったんですよね。そんなことなかったです。秀樹さんを愛する方々の想いをしみじみ感じさせていただきました。



 根性が腐敗してるひとのことなど、もう忘れよう、、、