007.ぐっだぐだ



 さささ、三時だー
 またこんなことしてる。
 呑んでます。まだ呑んでます。
 六時にはオットさんに朝食を出しますよ。


 自分ていう奴は、ほんと、なんてイカレた女なのかと情けないですけれどね、まあ、わたしなりには一生懸命やっての、こんなんですわ。

 最初の結婚が早いものだから、こうみえて母ではあります。この母にしてこの息子なもんだから、結果的に孫っちまでいますよ、こんなわたしがおばあちゃんでごめんよと嗤っちゃうけどね。
 そうなんです。わたしは偶々? 結婚を二度しました。子供にも恵まれた。でもね、世の中に、もしも未だに“結婚して一人前”だとか“子供がいないひとにはわからない”なんていう考えが蔓延っているとしたなら、わたしは大声で異を唱えます。

 わかんない奴はわかんない。慮れるひとは慮れる。境遇なんて、ららららら。

 特に、子供についてね。
 自ら決めて持たない方もいるでしょう。望んでも望んでも、ままならなかった方もいるでしょう。授かれたというだけで偉いはずがないですよ。
 わたしの母は五人も子供を産んでいますが、、、彼女は……まあね、まあね、それはまたいつか。


 はい。昼間はバタバタしていたんです、、、

 あ。話が飛びますが、わたしって実生活であんまり怒らないんですよね。
 文句も少ないんですよ。

 なんでしょう、感情を伝える気がないのかしらね。寂しい人間です。
 ほんとは落ち込んでる、たぶん。
 とりあえず、オットさまに夕飯を出して片づけたあとは、にゃんこを抱いて寝ました。びっくりですよ、まだ七時でした。

 だって。向き合いたくないんだもん。このモヤモヤと。
 マイナスな感情であるほど、勢いに任せたくないんですよ。すっきりするのは自分だけ、っていうのが、わたしは嫌いなの。

 そうして日付が変わる頃にムクリと起きました。  

 LINEを開きました。幾つか未読がありました。
 でも、こんな時間です……日頃から、通知設定はできればOffってねえ!! とお願いはしているものの、やっぱり気がひける。話したいけど話せない。だって、こんな時間だもの。

 馬鹿だなあ、わたし。

 このカテゴリの投稿、増えるかもしれません、、、


 多くのひとは、“なんじゃこりゃ”と思うのでしょう。
 だけど、そこは世の中。
 こんなに未熟なわたしの、全く実も結ばない「ぐっだぐだ」を愉しみにしてくれる御方が出現するかもしれないよっ♪
 そう思うとワクテカします。



060.温度差

加工はお色のみ



 アカウントをまた作って置いてはみたものの、扱いに倦ねているInstagram、、、

 そこへ先ほどupした画像です。


 いろんなひとがいます。
 会話の温度差が、わたしは苦手……だから、
 わたしからも、あからさまな温度差でお相手を傷つけたくないとは常日頃から思っています。限度もあるし、寄り添おうにもよっぽど無理な方もいるけどね、笑


 兎に角、本日も秀樹さんに夢中❤

 今夜は『SONGS』聴いてます。




058.「ごめんなさい」を云わせてね



 何もかもが思うように進まないこの頃です……11月も残り少ないというのにやけに暖かな数日ですねえ、、、お変わりございませんか(/・ω・)/?

 此方の更新も、SNSのあれこれも、YouTubeさんでのお返事も、端末のお写真等の整理も、動画作りも、、、満足にできないうちに時間だけが過ぎて、もしや、このまま師走へ突入でしょうかっ💦

 此処を始めたときは、もっと気軽になんでも書こう、なんて思ってました。その後、何かが心の足枷になってしまうような気持ちにさせる出来事が幾つか続き、言葉の難しさを思ってはついつい黙り込み……そうすると、なんだかその日常に慣れてしまうのですよね。

 わたしのサイトに更新のお知らせ機能はありませんからね。
 ほんの僅かな方であっても、どなたかが、何かupがあるかと訪れてくださったときを想像しています。強く心を占めているばかりではないけれど、頭の何処かにはいつもあります。
 何もない日があまり続くのは……申し訳ない、と表すには烏滸がましいですし、なんだか傲慢にさえ思いますから、ニュアンスとして難しいのですけれど、そうですねえ、、、寂しいです。かな?

 仕事をしていたときなら毎日開いていたPCも、眠っていることが多くなりました。
 わたしの自室で息子と酒盛りをするときはチェストの上に退けてしまうので、そのままになっちゃったりするんです。わたしのノートは化石のようにゴッツイのよ(;^_^ 中身はアップグレードされていてまあまあ元気なのだけど、とにかく重くて嵩張る、、、笑
 それでもこうして打っていると、やっぱりね……落ち着きます。
 今の時期はもう炬燵。横に愛猫がいて。珈琲があって。
 驚くほど伝わらないお相手もいるけれど、吸い取るように受け止めてくださる方もいて。
 書くことは、今でもわたしを救ってくれるんだなあ、、、

 うん。時間をもう少し遣り繰りしよう!!



 さて、さて。
 YouTubeのコメント欄でもずっと良くしてくださっている方との以前のお話の中でね、わたくし、どうやら勘違いをしておりまして、、、

 わたしが動画に使わせてもらった画像のひとつが、その方の待ち受け画像に撰んでいたものなのだということで、とても喜んでくださったのです(*^-^*)
 それが、わたしとしては、どれのことかな? こっちかな、あっちかな、と思う二枚があったのですよ。
 結果的に、わたしは別のほうを思ってしまったみたいなの( *´艸`)
 その方が仰有っていたのは、わたしだけでなく、割りと多くの方がお持ちだろうなあと思われるお写真のほうだったのですね。勿論、とっても素敵な秀樹さんですよ💕💕💕

 そして、わたしが勘違いをしたのは、わたしがドラマからスクリーンショットした秀樹さんです。それまでにも何度か動画に組み込んでいたので、そういうのが出回ってしまう経験も少なくはないのでね。
 だからといってわたしが気を悪くしたのではないものの、全く失礼な勘違いをしてしまって、、、、、、、、、

 ごめんなさーいっっ( TДT)ゴメンヨー

 その方は、いつもやさしいのです。きっとね、「そうじゃないと思うんだけどなあ」と感じても、云わずにいてくださるのです。感謝っ、、、(´;ω;`)❤

 過ぎたことかもしれない。済んだことかもしれない。大したことではないと思ってくださるかもしれない。

 それでも、どんなに遅れてからだって、気づいたのならわたしは「ごめんなさい」を云いたい。大切なひとへならば尚更に。
「ごめんなさい」は、“云ってあげる”ものではないですよね。「ごめんなさい」は、“云わせていただく”言葉。
 楽になれるのはわたしのほう、気が済むのもわたしのほう、救われるのもわたしのほう、、、


 で。
 そのスクリーンショットってやつが、此方です(*ノωノ)


今回はちょっぴりだけお色をプラス……




 いつもありがとうございます❤





091.愛を止めないで




 先日のupです。
 お話ししてまいりましたように、
 此方も、以前の動画を削除しての作り直しになります。

アルバム『SONG BOOK』




 その理由といたしましては、前回のふたつとは、自分の中では些か違っております。

 以前の動画に使用した映像の一部が、わたしとしては、三年以上前のSDカードから出てきたもので、懇意にしていた方から譲り受けたという記憶でした。

 しかしながら、どうにも証明ができないのです。

 あの日から、ふわふわざわざわしていた心……どうやって暮らしていたものやら、振り返ってもぼんやりしています。
 ファイルの中でも、きちんと区分けができていませんでした。SDの中に残っていたものに舞い上がり、端末にそれを戻してからは、容量の対処や利便性に紛れて元を削除してしまいましたし……五年も前にタブレットに入れていた外資アプリの中に残る幾つもの秀樹さんも、そのアプリが更新をやめてしまったもので、なんにもできないんです、泣くばかりなんです、、、もう、そんなことが山ほどありましてね、自分でも確かなことが申せません。

 当時のわたしは秀樹さんのアカウントとして大っぴらに行動もしていない、お相手とのお付き合いも疾うにない。
 その後、昔からの秀樹さんのファンの方たちともあれこれとお話ししてみましたが、現在のところ、以前の『愛を止めないで』でわたしが使用したものについてで云うと、おひとりの方が投稿されている以外には、その映像はネット上に存在しないようなのです。過去にも見たことがないそうです。
 悩みましたが、ムキになって主張するほうが切ないので、、、今もカメラロールに残るその映像の出元について、正直、忘れ去りたいくらいの気持ちです。いずれにしても、わたし自身が録画したものでないことは確かなのですから。

 結果、やり直すことが一番だと考えるに至った次第です。



 動画のリメイクにも、一長一短がございます。

 作り始めた頃の拙さを、今ならば少しばかり補える……その代わり、あの頃は使わせていただくことにそれほどの問題を感じていなかった映像でも(なんにせよ、良くないことであるのは前提として承知の上です)、今では、DVDの発売やCS放送などによって、自重するべきだと思うものが増えていますのでね、もとより限られたものの中での表現が、もっとっもっと狭められているのです💦

 勿論、これは愚痴ではありません。そもそも、わたしが困るからといって、それがどうしたよ、というお話なのです。本物の秀樹さんの映像、正規の販売等がなされたほうが良いに決まっていますからね(*´▽`*)

 お構いなしな方々も、未だにお見掛けいたします。
 それでも、わたしがやるわけにはいかない。
 過去の落ち度を……または、そう誤解される恐れのあるものを、コツコツと改めていきたいと思っているわけなのです。



 ええ。長くなりましたが、この頃のオフコースに関しては、少しは知っているつもりです。アルバムも持っています。甚くお気に入りの一枚があります。鈴木さんのほうが好きだったわたしです、笑

『眠れぬ夜』を秀樹さんがカヴァーしたときのことも覚えています。ベストテンにランクインすると、オフコースのファンの方から反発があり、オリジナルのほうのハガキやラジオのリクエストが盛り上がり、子供ながらにちょっぴり悲しい想いになりました。なぜなら、秀樹さんはオリジナルへのリスペクトを失くしたことなどない方ですしね。
 まあ、確かに、秀樹さんの『眠れぬ夜』は爽やかすぎるかもしれない、笑
 でもなあ、、、それはそれで、秀樹さんの良さだからなあ、、、
 そう。そんなこんながあっての『愛を止めないで』なの────深いお声ですよね。大好きなんです。

 今回のお直しの際、歌詞にある、

「眠れぬ夜」はいらない もういらない

 ……のところへね、あえて、「眠れぬ夜」を使わせていただきました。愛を込めて。


 もっと書きたいことがありますが、またいつか。

 兎に角、無事に削除と投稿ができて良かったです(^▽^)/

 恐らく、観てくださる方は減っています。ですから尚更に、変わらぬお付き合いをくださる皆さまへの感謝も一入でございます❤






 

057.念のため、


 わたし、このホームページは殆どPCでしか開かないんですがね、スマートフォンやタブレットだと、前回の閲覧場所が表示されて、そこからの移動に戸惑うことがあるらしいですね……

 大丈夫だとは思うのですが、一応、インデックスへの戻り方を書いておきますね。ページ数も増えてますからね。


 これ↓↓↓スマートフォンのトップページです。
 メニューってありますよね。
 



 トップページにいるのであれば、メニューを開かなくても、スクロールさえすれば、ずらーっと目次は並んでいます。

 中略はありますが、こんな感じに↓↓↓





 目次のタイトルを押せば、その記事に飛べます。
 スマートフォンのブラウザバック機能で、また元に戻ります。


 ちなみに、メニューを開くと、こうです↓↓↓




 カテゴリ別にまとまっています。



 で。

 開いたときにトップページにいない場合でも、どのページでもその上部には、メニューボタンか、このカテゴリのどちらかは表示されているはずなんです。

 ですから、トップページに戻りたいときは『HOME』を押してください。スクロールしていただければ全ての項目が見られます。

 カテゴリに飛びたいときは、それぞれをタップしてください。


 もっと詳しく書きたいのですが、余計に混乱を呼びそうなのでやめておきます、笑


 うん。お友だちが迷子になっていたので、もし他にもそういった方がおられたら……と思いまして、書いてみました。




 ではでは(*´▽`*)




 

090.チャンスは一度 / 情熱の嵐 / 青春に賭けよう / 愛の十字架


 アルバムの再生リストを仕上げるべく、編集させていただいたものです。
 音源とは違うものは、同曲の映像でも、やっぱり難しいです。
 掛け声の場所が違ったり、微妙なずれがあったり、、、

 勿論、愉しいのですけれどね(*´▽`*)


アルバム『愛・絶叫』




 チャンスは一度、発売当初の頃のお姿は、なかなか観られる機会がありませんねえ、、、観てみたいですねえ、、、あの振りつけ、、、あーーーーー、観たい(*ノωノ)

 トークのお声も初々しい此方のアルバムも、本当に大好きです。
 秀樹さん、今日もありがとうございます❤






 

089.ふたりだけの夜


 結局またお決まりのことを書いてしまいますが、大好きです。
 この曲も、思い浮かんだのがとっても早くって、お写真を並べてアプリのテーマへ入れるだけという感じの作りですよね。
 時期は全然違うのに、大人っぽい秀樹さんばかりを撰んだのは、年齢を重ねてからの秀樹さんにも唄ってもらいたいと切実に思っていたからです。
 でも、いつか……いつかリメイクしたいです。

アルバム『愛と情熱の青春』
『君よ抱かれて熱くなれ』B面






020.Vivir Mi Vida / Marc Anthony


 音楽の話をしていたら、いつかは出てきちゃう。これまでも。これからも。

 その度にわたしは必ず書くの。彼の胡散臭さが(褒め)必要な日があると。

 今日は映画のほうで書いたことからの、
 “Anthony繋がり”の連想ゲームでこうなりました、笑

 ジェニファー・ロペスと結婚していたときがあるわ。好きなカップルだったから、Divorceは今でも残念だけど……


 癖になるのよ、このヒトは、、、

014.アントニー・ジマー


 アンジーとジョニデで『ツーリスト』としてリメイクされました。こっちがオリジナル。

 この作品って、フランス映画だからこそ良かった気がしています。リメイクのほうは、なんというか、、、“ザ・ハリウッド”な娯楽映画────それはそれでいいのかな? 知らんけど、笑

『Anthony Zimmer』



 タイトルは、まんま人名なのですが、語感で気持ちが左右されるわたしとしては、なんとも好きな響きです。

 ソフィー・マルソーはわたしより3歳くらい上かな。
 わたしが小学校の高学年から中学にかけて、『ラ・ブーム』『ラ・ブーム2』の公開により、クラスメイトの間ではアイドルだったんですよね。
 特に2のほうのテーマ曲のサビ……覚えてらっしゃいません? ↓↓↓




 生意気なわたしは、てっきりそれで消えていく方なのかと思っていたんです。ほんと失礼な奴ですわ。何様なんだろう、ジブン、、、

 ええ。『ブレイブハート』や『アンナ・カレーニナ』で彼女の健在ぶりを知ってはいたのですけれどね、此方の『アントニー・ジマー』でも、ええ。まあ、もう、うん。変わらずにお美しいことで……👏

(アンナ・カレーニナは奇麗な女優さんばっかがやってますよね。ガルボにヴィヴィアン・リー。そして、キーラ・ナイトレー)


 つまり、『ツーリスト』より、わたしはこっち。というお話でしょうか(・m・ )

 奇麗なひとを観ているのが好きだし(・m・ )


 久しぶりに観てみようと思ったのはですね、今わたしの中で、映画は“フランス月間”なんです。アヌーク・エーメ特集を開催する予定(個人的に)

 そんなこんなは、またいつかお話しできたらいいなあ(需要の有無はお構いなし)







  

056.また御挨拶のみだわ



 また数日が過ぎてしまいましたが、呑んだくれていただけです。
 やたらと元気です(/・ω・)/


 秀樹さんのことだけは素面でやるもので、
 どうしてもお休みになってしまうわ、呑んでると、(/・ω・)/

 息子やお友だちと、愉しいお酒を呑んで、かなり充電できました。
 明日から此方の更新や動画作りの準備も始めてまいります(*’▽’)


 はばないす(/・ω・)/

勝手に夕空加工(/・ω・)/